知ってるつもりの片づけメリット3つを再確認!目的がブレなければ必ず片づく!

あなたの生前整理や片づけの目的は何ですか?

「そろそろ生前整理しよう!」「今年こそ家を片づける!」と思い立った時にその「目的」ははっきり決まっていますか?

目的=ゴールが決まっていないと、片付けにかけるエネルギーや時間が減って、挫折リバウンドをしてしまいます。

生前整理や片づけの「成功の秘訣」は目的をしっかりともつことです。「急いで片づけなくても別にいいか~」と先送りにしたり「私はやっぱり片付けられない人なんだ…」と自分にレッテルを貼ったりしないために、最初に目的をきちんと決めて意識しましょう。

私の整理する目的は「私も家族も探し物をする時間をなくしたい」です。

モノを探すと時間がもったいないしイライラしてしまうので、できるだけスッとモノを出し入れしたい。これが整理収納の最大の目的としてブレないので、リバウンドしないのだと思います。

なぜ、生前整理や片づけをしたいのですか?どんな理想をもっていますか?

もし、片づける目的や片づけた後の理想がはっきりと思い浮かばないようなら、生前整理や片づけで得られる3つのメリットを知って整理の目的を明確にすることをオススメします。

メリット1【お金を有効に使えるようになる】

二重買い、無駄買いを防げる

・ピンセットをいくら探しても見つからないので新しく買ったとたん見つかった

・醤油が安いからスーパーでまとめ買いしてきたけれど実は吊り戸の奥にストックがたくさんあった。

・素敵だなと思ったセーターを買ったら、似たようなのが家に3着あった。

誰しも似たようなことを経験したこがあるのではないでしょうか?なんだか悔しいしもったいないですよね。

冷蔵庫や食料棚の奥に埋もれてしまった(忘れてしまった)食材が、賞味期限切れていて廃棄してしまうのもお金の無駄です。

片づけて何があるのか把握できるようになると、買い物の前にさっと確認しておくだけで、無駄買いや二重買いを防ぐことができますよ。

スペースの無駄がなくなる

居住スペースに対して散らかっていたりモノが多すぎたりすると過ごせるスペースがその分狭くなります。

例えば4LDKの部屋のうち2室が物置になっていたとしたら、その分の家賃や固定資産税もモノに支払っていると考えるともったいないですよね。

メリット2【大切な時間を、よりよいことに使えるようになる】

探し物は命の無駄づかい

1日5分探し物をすると5分×365日=1825分!
1年で約30時間半も探し物をしていることになります。

家族4人だと単純にその4倍です。
120時間以上、年間5日以上も探し物に費やしていると考えるとがっくりきませんか?

そんな小さな積み重ねが人生に与えている影響は相当大きいです。時間だけでなく、探し物ってイライラして精神面でも影響しまいますよね。

生産性だけでなく精神面でもダメージ大な探し物の時間が自分の人生からなくなったら

片づけで浮いた時間で、何をしたいですか?

家事の時間が短縮される

家事で使うモノを、使う場所の近くに取り出しやすくしまいやすく収納すると、家事がスイスイとはかどるようになります。

例えば、アイロンをリビングでテレビを見ながらかけるのに、アイロン台が2階のクローゼットにしまってあると…アイロンをかけないようになるか、出してきてアイロンはかけるけれど元の場所にしまうのが面倒でリビングの隅に出しっぱなし。なんてことになるかもしれませんね。

食事の支度や片づけ、掃除に洗濯、身支度などが片付けていることで家事の時間が短縮すれば、その分ほかのことに時間が使えるようになりますよ。

メリット3【安定したココロで過ごせる】

片づいている空間に人は安心する

机の上に朝食のお皿や書類やカバンが出しっぱなし、床には捨て忘れたゴミ袋が落ちている、収納タンスの前に荷物が置いてあって引き出しが開けられない

疲れて帰宅した部屋が散らかっていると余計に疲れを感じてしまいませんか

「ちょっと散らかっているほうが落ち着く。きれいすぎると落ち着かない」と言い訳をする人は、片づけるのがめんどくさい、片づけない方が都合がいいといった理由で言い訳をしているケースがほとんどです。

片づいた空間は、疲れた心と体にパワーをチャージしてくれます。

急な来客にも焦らない

現在は連絡もなく急に来客が来るというケースはあまりないかもしれませんが、何があるかわかりません。

部屋が片づいていれば気軽にお客さまを家に招き入れることができますね。「散らかっている」基準や感覚は人によって違いますが、自分が片づいていると思える心地の良い状態ならば、お客さまを落ち着いておもてなしできるのではないでしょうか。

急いでリビングのモノをとりあえず隣の和室に突っ込むという見かけだけの整理をしなくてもすみますよ。

探し物がみつからない!という不安がなくなる

おみくじにも「失せ物」の項目があるくらい、探し物というのは昔から気になってしまう心配事の一つなのでしょうね。

「あれはどこにある?」という引っ掛かりは小さいけれど、心の隅っこにこびりついてチクチクと刺してきます。

自分の持ち物ならまだしも、人から借りているものだとしたら…見つかるまで気が気ではありませんよね。

探し物の不安がなくなると、そこに心を煩わせたり考えを巡らせなくてよいので、目の前の仕事や楽しみに集中することができます。

家族のコミュニケーションが円滑に

散らかす家族にいらいら怒ったり、自分ばかり片づけに時間を取られていると不満が募ったり、あれはどこ?と聞かれるたびに仕事や家事の手を止めなければいけないことに腹が立ったり。

片づくとそんなストレスからも解放されますし、少しくらい散らかっていてもイライラせずにすみますよ。

片づけのメリットとデメリット

以上、片づけの3つのメリット
・時間的な効果
・経済的な効果
・精神的な効果

をお伝えしました。

気になるところは、一人ひとり違います。

一番、あなたの心にひっかかったところが、気になるジャンルがあなたの片づけ目標を決めるヒントになります。

以下に、片づけのメリットだけでなくデメリットとその時の気分を表にまとめました。あなたの片づけ目標を決めるための手助けにしてくださいね。

片づけるメリットとデメリット。その時の感情は?

メリット

デメリット

探し物をしないので時間を有効活用できる

「もう一度英会話の勉強をやり直してみようかな♪」

探し物に時間を費やし、いつも時間がない

「いつも忙しくて、好きな読書も最近できてないなあ」

スッキリ片付いた部屋で気持ちがいい

「部屋で過ごして、体も心もリラックスできる。明日も楽しむぞ~」

汚い部屋を見てうんざりする

「散らかっているのを見たくないし、片づけられない自分も嫌だから休みの日はでかけよう。ああ、お金がかかるなあ。」

無駄なモノを買わずにすむ

「今日買うのはティッシュとお醤油とホッチキスの芯だけね」

所有物を把握していないので、二重買いや無駄買いをしてしまう

「安いから歯磨き粉を5個買っておこう。ウスターソースはなかったはず?腐るもんじゃないからとりあえず買っておこうっと。」

友だちや親戚をいつでも家に呼べる

「今からうちに来ます?」「いつでも遊びに来てくださいね」

家の中を見られたくないから誰も絶対に家に呼べない

「ちょっと今回は都合が悪くって…」「うち、汚くて無理なんです~」

すぐに片付けられるとわかっているので、家族が少しくらい散らかしても怒らない

「お風呂に入る前に、ここの本を片づけといてくれる?」

さらに家族が散らかすとイライラして大きな声を出してしまう

「何でいっつも散らかしてばっかりなの!」「誰が片付けると思ってるの??とりあえず」

すぐに食事や仕事、勉強に取りかかれる

「さて、はじめよう!」

まず邪魔なものを片付けてからでないと作業にとりかかれない

「まずは机のスペースを空けないと…(ドサドサ)」

スムーズに出かける準備ができるので、約束の時間に遅れない

「天気もいいし、1駅歩いていこうかな」

家事に時間がかかり、出かける前に探し物ものをするので、遅刻してしまう

「ごめん、今出ます!遅れそうです!(ごめんなさいスタンプ)」

冷蔵庫の中にあるものがわかっているので、何度も冷蔵庫を開け閉めしなくていいし、腐らずに使いきれる

「夕飯はお好み焼きと焼きそばで残り野菜を使い切ろう」

冷蔵庫の中がカオス状態で、奥には何があるかわからない。よく腐らして食材を無駄にしたり、二重買いをしてしまう

「肉の賞味期限が昨日まで!とりあえずこれを焼こう。他に何があったかな(ガサガサ)。あ、ニンジンがしわしわですごく小さくなってる…(ピー!っと冷蔵庫の開けっ放し防止ブザーがなる。)電気代がかかる~」

支度が手早くできるようになり、朝のあわただしい時間もゆっくりと過ごせる

「早く家を出られるようになったので、1本早い座れるバスに乗れてラッキー♪」

毎朝バタバタして余裕がない。家族にも「早く!」を連発する

「毎日朝は戦争だ~。髪型も服装も何だかヘン。憂鬱…。出そうと思ってたはがきも忘れた」

 

片づけが苦手な女性の方へ

一緒に「片づけ美人」を目指しましょう!

片付けのメリットはわかったけれど、でも実際に片づけ作業に取りかかれない!そんな方は、ぜひお気軽にお問合せください。

ダメ出しなしの勇気づけトークをやり取りしながら、だれでも安心してお片付けサポートさせていただくことができますよ♪

ただいま期間限定のお試しキャンペーン中です♪