子育ても無農薬無肥料⁉野菜育てから子育てを考える

こんにちは。
京都、奈良でモノと心の整理アドバイスを行っています。
整理収納アドバイザー・アドラー心理学勇気づけリーダーの平野です。

最近、体にいいものをとって(有害なモノをなるべく減らして)自分も家族も健康に過ごしたいなという思いが強くなってきています。

ガチガチの健康マニアではないので、ストイックなことはできないのですが、ちょっとしたことから食の安全を見直したいなという気持ちです。

ぽかぽか陽気の昨日、自宅からほど近くに自然の力でお野菜を育てている農園があると教えてもらい、お友達に連れて行ってもらいました。

灯台下暗し。ご近所のすごい農園

自転車で15分のところにこんな農園があるなんて

のどか。木津川市の旧エリアです。

私は木津川市の新興住宅エリアに住んでいますが、ちょっと自転車で動くと田んぼや畑が広がっています。

その一角にかくれんぼするように農園がありました。知らなかった!

親指位の小さいニンジンも。かわいい。

農園主さんが待ってくれていて、いろんな野菜を収穫させていただきました。

今は野菜が少ない時期で、次のシーズンの支度中とのことでしたが、残しておいてくれたラスト人参や大根、らっきょう、ビーンズリーフなどを収穫。

土に触るのも久しぶりで、雑草をはやした豊かな土壌から人参を掘り出すのは、宝探しをしているようで楽しかったです。

農薬も肥料も使わない、微生物が働く豊かな土だから雑草が生えてくるそうです。生える雑草の種類も土の豊かさによって違うそうです。知らないことだらけ。

収穫したてのビーンズリーフ(スナップエンドウの新芽)もめっちゃ柔らかくておいしかったです。

味が濃い。大根の葉っぱも柔らかったです。

野菜作りと勇気づけ子育てとの共通点

土から水を抜いて空気を入れてあげれば、微生物が活発になって豊かな土壌になり、植物の持つ本来の自然の力が発揮されていくそうです。

子育ても同じことだと思いました。農薬や肥料のような「過干渉」を与えなくていいんですよね。

圧迫やプレッシャーや過度の期待や叱咤激励はむしろないほうがいい。(無視するわけではないですよ~)

周囲に勇気づけられた子どもは、きっとその可能性を最大限に発揮してくれるはずです。

ただただその子の存在を認めて、信じて、待てばいいだけ。

その「信じる」がね、難しくてなかなかできないというママやパパが多いのですが、大丈夫ですよ。

まずは自分にOKを出して、子どもを認める勇気づけの声かけを続けていくうちに、びっくりするくらい子どもが素晴らしい存在だ!って思えてきます。

勇気づけの方法を一緒に学んで、子育てや周囲との人間関係に役立てたいという方は、ぜひアドラー心理学ELM(エルム)勇気づけ講座にお申し込みくださいね♪

アドラー心理学elm講座について

子どもや同僚、ママ友などに対してだけではなく、自分自身が勇気づけられてニコニコ幸せに過ごせる時間が増えますよ~☆

LINE@始めました!
LINEからお問い合わせ・お申込みいただいた方は
ELM講座1,000円OFFとお得になります♪