勇気づけ子育て実践中~3きょうだい

こんにちは。
奈良・京都から勇気を広げる、
アドラー心理学勇気づけリーダーの平野亜樹です。

3人の子育て真っ最中です

我が家には中1の長男、小5の次男、小2の長女と
3人の子どもたちがいます。

3人以上だと「子だくさん」認定されることがよくあります。
長男5歳、次男3歳、長女0歳を一人で連れて歩いていた頃は、
「大変ね~!」「えらいね~!」と
知らないおばさまによく声をかけられたものです。

2009年8月の3兄弟画像

(2009年~2012年くらいまで仕事と家事育児の両立が大変すぎて記憶から抹殺されていることが多く、残念です。)

3人以上の子ども(特に全員男子)を連れている方を見かけると、
一方的に同志認定してしまって
「お互いにがんばろうね」というエールを
心の中で送ってしまいます。

「勇気づけ」で親子関係はどう変わるのでしょう?

これから思春期を迎える長男や、
楽天家に見えてもっとも繊細な次男、
男の子とは脳の構造が違うなと感じる長女。
「勇気づけ」の態度や声かけを心がけて接しています。

もちろん、うまくいかずにがっかりしたことや
腹がたって感情のままに怒鳴りつけてしまうこともあります。

そんな失敗談反省も含めて、
我が家での勇気づけ子育てエピソード
これからいろいろとアップしていきたいと思いますので、
よろしくお願いします。

とりあえず、今日は次男が林間学習でいないので子ども2人!
1人減っただけで、めっちゃ楽!やほーい!!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です